ぶろくまん3

タメグチは世界を救う! プログレハードポップ系ソロアーティスト、みろく卍游楼 me-rockman-Jeuro によるタメ口ブログ

1ページに表示する最大投稿数を設定する posts_per_page の罠

WordPressの管理画面で、[設定]―[表示設定]の[1ページに表示する最大投稿数]が posts_per_page の設定より小さければ発生する問題の話。

WordPress標準の「最近の投稿」ウィジェットに新着バッジを表示させる技

WordPress標準の「最近の投稿」ウィジェットに新着バッジを表示させる方法について、そのPHPファイルの場所(ディレクトリ)と改変場所(何行目)の備忘録。

Avidの闇(オチあり)

刺激的なタイトルだがこれはAvidに限った話ではないかも知れない。 海外企業の日本の顧客に対する対応全般かも知れない。 もっと言うと民族性の違いなのかも知れない。。。 コトの発端はこうだ。 Avidからこんな知らせが舞い込んだ。 www.avid.com このペー…

途轍もなく明るい Mighty Bright

Mighty Brightというメーカーの手元ライト、使い勝手なかなか良し、という話。良い点悪い点書いてみた。

このブログの崩れた見た目も直しておく話

はてなブログのテーマ「レシポンシブルー」のアーカイブページにて日付表示が崩れるのを直した話。追加CSSの備忘録。

HTMLメールのCSSはインラインか埋め込みか?

シェアトップのGmailにてHTMLメールを本文表示する場合とそれを印刷する場合ではCSSの対応が異なる件。結論から言うと本文表示では埋め込み形式も対応しているが印刷の場合はインライン形式しかCSSを認識しない。

Contact Form 7 の日付項目が動かない?

macOS 版 safari 14 にてContact Form 7 のdateフォーマットが機能しないようだ。function.phpに書き込む対処法と、もっと簡単な対処法。

1周年の日に四半世紀前の話を

【サイト更新】―1周年記念 Anniversary Sale!―惑星規模での未曾有の災いが続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。#StayHome#StayRockmanRepublic早いもので私ろくまんがソロアルバムを発表してちょうど1年が経ち… https://t.co/96zg4Z9uSg— みろく卍…

みろく卍游楼オフィシャルウェブサイト

ほぼ干支ひと周りぶりくらいにウェブサイト構築をしてみたわけだが、、浦島太郎感ハンパなしだったな。そもそもWordPress使うのがほぼ初めてという(@_@;) そしてツールも Dreamweaver & Fireworks 無しという飛車角抜き感での挑戦。 WordPressのテーマを…

ヘタレレジスタンス 《第5章》 Boston編その2

5月6日 一夜明けて本日は帰国日。13時30分のフライトなのでゆっくりできる。雨も止んでるし早起きして散策してもいいのだが慢性寝不足で消耗した体力は回復しきってないし何よりメンタルがその気にならなかった。それでも8時30分にはホテルをチェックアウト…

ヘタレレジスタンス 《第4章》 Boston編その1

5月5日 なんか眠れなかった。昨夜のライブの余韻とかそういうのではない。なぜなら前夜も眠れなかったから(笑)まあ両日とも3時間も昼寝したから問題ない(笑)これっていわゆる時差ボケなんだろうな、、過去海外旅行にフタ桁は行ってるが時差ボケなった事…

ヘタレレジスタンス 《第3章》 New York編その2

5月4日 ちょっと話は昨日の昼間に戻るが。ふらふらと歩いてたら偶然見つけてしまった。先月 BABYMETAL が出演した The Late Show のビルじゃああ~りませんか!こんなところにあるのか。タイムズスクエアの目と鼻の先。よく見たら ED SULLIVAN THEATER て書…

ヘタレレジスタンス 《第2章》 New York編その1

5月3日 早朝。まずは伊丹から成田へ。ANA派の俺はJAL乗るの久しぶり。俺のスーツケースもここに入ってるのかなあ、、頼むから他所へやらないでね。以前エライ目に遭ってるから気が気でないのだ。隣はANAだった。ANAはニューヨーク直行便にちょうど良い時間の…

ヘタレレジスタンス 《第1章その2》 本当の理由

ホントの事を言おう。 実は、、 今年に入ってから、、 突然、、、

ヘタレレジスタンス 《第1章その1》 準備編

4月某日 2〜3日前から企んでいた事を。つい今しがた実行に移してしまった。さあもう後には引けない。かくして今年の俺のゴールデンウィークは冒険週間になるのだ。期待と不安でドキがムネムネしている。どちらかというと不安の方が大きいかもしれない。いず…

RUSH appears on MUSIC JAPAN

2015年12月7日(月)の深夜0:10からのNHK総合「MUSIC JAPAN」で奇跡が起きた。ほんの1~2分ではあったのだが。その奇跡の軌跡を残しておこうと思う。 テロップ「RUSHデビュー40周年記念ワールドツアー」!! まるでこのツアーで日本にも来たみたいなテロップだ…

ハケ塗りシールはがし

俺の10年選手のシンセ。YAMAHA MOTIF ES7。 元はと言えば現在から干支で一回りほど前の年、当時夢のPentium4と1GBもの大量のメモリを積んだ(笑)アルミ躯体の高速Windowsマシンを組み最新のDAW Steinberg CubaseSX2と鳴り物入りで登場したミキサー型高級オ…

サイケなくしゃみ

Return Matchによる「弾いてみた」セルフィ系カバー動画の第2弾がようつべにアップされた。ちなみに第1弾はこちら。rockmanalive.hatenablog.com という事でさっそく晒してみる。ご覧いただけたら嬉しい。 PSYCHEDELIX open the gate Band Cover ... 今回俺…

愛をセルフィ

自分が大学生だったのは一体どのくらい前だったかそろそろわからなくなってきた昨今。 いにしえの軽音楽部時代の仲間が時空を超えて再集結。 あの頃と同じような事をして遊び始めた。赤ちゃん返りが始まった? 学生時代のバンド名は『Return Match』なる俺ら…

羞恥プレイ

先日。 仕事中に突然、右脇の下に痛みが走った。 何だろうと脇の下を探ってみると、、グリグリとシコリがある。2cm大のものだ。つまむと痛い。 えっ?、、そういえばこれ、数ヶ月前に発見していたな。あの時は1cmくらいだったし痛みもなかったので放っておい…

エフェクターボード狂騒曲 <後編>

rockmanalive.hatenablog.com ↑の続き。 ここまで紆余曲折ありつつも、、輸入販売元のウェブショップよりついにPedaltrain Nanoが届いた。 実はこの商品。少し安く買えたのにはカラクリがある。「外箱汚れ品」というワケあり商品だったのだ。届いたブツの箱…

エフェクターボード狂騒曲 <中編>

2021-04-09 追記あり rockmanalive.hatenablog.com ↑の続き。 今回俺が他のどれでもなくPedaltrain Nano(現行品のNano Plusではなく旧シリーズ。以降「無印Nano」という)を選んだ理由は下記の通り。 ボードのサイズが超コンパクト ソフトケースがギターや…

エフェクターボード狂騒曲 <前編>

2021-04-09 追記あり ことの発端はこうだ。俺の、ベーシストとしての俺の、そう、もう6〜7年も愛用しているエフェクターボードはこのPedaltrain Miniな訳だが、、、 こいつの専用ソフトケースのポケットのファスナーがついにぶっ壊れてしまったのだ。 持ち手…

内なる敵へ

人生50年。、、という時代でなくてよかった。まだ少々残ってそうだ。憶えている。小中学生くらいの頃。毎朝鏡の前でせっせと歯磨きや洗顔をしながら、、鏡に映る自分の顔を見ていつも思っていた。30歳の自分ってどんななってるんだろうと。憶えている。30代…

残酷動画

気がつけば8月ももう後半戦。盆休みは無情にも終わって無常な朝だが、、しかしつくづく日本にお盆という制度があってヨカッタ、、休めるもんね。法事は面倒臭いが(笑)。

お客様 Play Time

先日告知したライブが無事終了した。トータル5ユニットが出演、フタを開けると総時間3時間半にも渡る腰痛ビッグイベントであった。我がReturn Matchはトリだったのだがその理由は我々が主催者だからでもトリに相応しいメインアクトだからでも年功序列でもな…

もうひとつの解

カナダの人間国宝 RUSH のコピーバンドとして BTR を始めてからはや9年の年月が流れた。現在はギタリストが左遷転勤で伊予国へ旅立ちドラマーはそもそもハイレベルなプログレ系他バンドをいくつも掛け持ちしている上にお家に帰りたい新婚さんにもなった(笑…

YAMAHA MX49 のトホホ

↓の続き rockmanalive.hatenablog.com 先日買ったYAMAHA MX49。昨日は良いところばかり書いたがやはり安モンだけあってトホホなところも当然沢山ある。以下おもだったところをリストアップ。 YAMAHA MX49のトホホ。 レイヤーもスプリットも同時に出せるのは2…

やさしい YAMAHA MX49

先日。こんなものを買ってみた。 分かりにくいか。角度を変えよう。これだ。 シンセ好きならすぐにピンと来るだろう。そう、、、、

『殉愛』とはまた晴れがましいタイトルだ

週末。金スマ、たかじんNOマネー、と立て続けにたかじん*1の最後の2年間、闘病生活についての特集をやっていた。何事かと思いきや発売されたばかりの新刊書の体のいい宣伝だった。 この本だ。 殉愛 作者:百田 尚樹 発売日: 2014/11/07 メディア: 単行本 この…